電報で、相手に寄り添うメッセージを

電報とは電信を用いた文書配達方法で、古くから緊急の連絡に使われてきました。昔の映画やドラマで、遠方の家族の一大事を受け取るシーンが印象に残っている人も多いのではないでしょうか。電話やファックスの発達により、そういった用途での使用は少なくなりましたし、最近ではメールやラインといったツールも増え続けています。しかし、郵便よりも高速で、形になって届くメッセージの魅力は衰えるどころか、時代に合わせて進化しています。24時間受け付け可能、申込み方法も多様で、書体や台紙も好みのものを選び、こだわりのメッセージを自宅にいながら簡単に送ることができます。大切な人の、人生の節目に贈る言葉に気持ちはこもっていてもマナーがあっているか気になる、という方にはシーン別の言葉の用意もあります。想いを特別な形にして届けるには最適です。

わかりやすい料金と、シンプルなシステム

電報の料金は、文字数と、どんな台紙に何をつけて送るか、で変わります。文字数による価格表、台紙の価格表と、明瞭に記載されていますから、申し込んだもののいくらになるかわからない…という不安はありません。申し込む手段といえば、まずは電話です。オペレーターが一から必要事項を教えてくれますから、流にそって答えればいいだけです。疑問点があれば直接尋ねることができるのも魅力です。必要事項だけ記入して、FAXで送る方法も、どちらも電話代と一緒に代金が落ちるので、急いでいるときにはとても便利です。さらにインターネットからの注文も可能で、こちらは商品をじっくり選びながら、テンプレートに必要事項を入力するだけで簡単に注文ができてしまいまいます。支払方法も多様で、申込み内容を目で確認できるので安心です。いつでもどこでも、どんなツールでも申し込める気軽なメッセージツールです。

大切なメッセージにはこだわりの台紙を

電話やメールのメッセージでは実現できない、電報だけの魅力が台紙の存在です。押し花や漆でできた台紙に、気持ちのこもったメッセージが書かれていると、華やかなだけでなく、さまざまなシーンにあわせた演出をすることができます。華やかな場面、哀悼の意を伝えたいとき、特別な出来事や相手と自分の立場にあわせた台紙選びも、相手に贈る気持ちの一部です。刺繍や絵付けの美しい台紙を、相手のことを想い浮かべながら選びたいものです。一方、今はぬいぐるみや飛び出す絵といった商品もあります。中には、バルーンをつけたものや、花束と一緒に贈れるものも。冠婚葬祭や改まった場面だけでなく、ちょっとしたお祝いや言葉を贈るのにぴったりです。他にも、メッセージの書体も様々なものがあり、縦書きや横書きなども自由自在。肩肘を張る必要のない、想いを形にして届けるための便利なツールなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加