RPA ツール

RPAのツールを実際に使ってみよう

RPAとはRobotics Process Automationの頭文字を取った略語であり、日本語では「ロボットによる業務自動化」と訳されます。ロボットと言うと工場での作業などを想像してしまいがちですが、実際は事務職の人々が請け負って来た仕事を代替してくれるソフトウェアです。データをコピーして登録する、在庫の数をチェックして通知するなど、手作業で行われていたデスクワーク定型業務のシステム化と考えておけばいいでしょう。RPAは単純作業や反復作業に秀でており、作業効率の向上、ミスの低減、経費削減などの効果をもたらします。特別な知識が必要なのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。IT系の知識がなくても使いこなせる便利なツールが存在します。ここでは初心者におすすめのRPAのツールについて紹介します。

RPA初心者におすすめのツール

ここで紹介するのは実際にITの現場以外でも導入の進んでいる、専門的なスキルを必要としないツールです。知識の有無はほとんど関係ありません。RPAのツールには海外製のものも多いですが、初心者の方や英語に自信のない方には日本製のツールをおすすめします。日本製のツールはソフトや解説が日本語であるのはもちろん、日本人を主な対象ユーザーとしているため操作しやすくなっています。不具合など問題が生じた際に日本語でサポートが受けられるのもうれしいポイントです。その他の判断基準としては、大手企業が提供するツールを選ぶと安心です。日本にも大手通信会社やIT企業が提供する優秀なツールが複数存在しますので、その中から自分に合いそうなものを探してみましょう。企業によっては有償での電話対応を受け付けているところもあります。

RPAのツールの基本的な使い方

RPAを導入するには、どんな作業を行うかロボットに覚えさせる必要があります。ツールによってその教育方法も様々なのですが、大きく3種類に分けることが出来ます。初心者におすすめなのが、画面上での操作をそのまま記録してくれるキャプチャータイプのRPAです。覚えさせたい作業を普段通りに実行するだけでいいので、簡単に扱えます。テンプレートタイプのRPAもおすすめ出来ます。あらかじめ用意された型に沿い、作業を手順通りに入力して組み立てていくというものです。最もよく見られるタイプのRPAであり、直感的な操作でロボットの作成が可能です。他のタイプとしてプログラミング型のRPAもありますが、こちらはあまり初心者には向きません。複雑な指示が出来る分、要求される知識も多くなります。求める機能はもちろんですが、能力に見合ったツールを選ぶことも大切です。