RPA ツール

RPAのツールの裏技などについて説明

RPAとはRobotic Process Automationの略で、バックオフィスでのホワイトカラー業務等、人間が手作業で行ってきた業務をAIや機械学習、ルールエンジンなどの知覚技術を導入したロボットに行ってもらうことで、業務の大部分を自動的に処理するために効率を図る自動化のための取り組みを表す言葉です。事務処理や業務処理などの定型作業をRPA化する作業だけではなく、RPAを用いたツールやソリューションなどのサービスを総称してRPAと呼ぶケースもあります。それ以外にも、RPAソフトウェアを組み込んだロボットが人間とは異なる労働力として上手く機能していることと、コンピューター上で人間の知能指数を真似することで、本物の人間が見せる咄嗟の反応や判断、挙動などを可能にするAIが搭載されたものをデジタルレイバーと呼称する場合もあります。

RPAツールの強みやメリットとは

RPAツールには、人力による業務補助に比べて様々な強みがあります。大量の仕事を早くこなせること、作業精度が非常に高いので、エラーがほとんど発生しないこと、ノンプラミンングによる業務やオペレーションの自動化が可能、集中力の低下によるエラー率の増加や生産性の低下が起きないことが挙げられます。また、パワハラやセクハラといった人間同士なら起こりうるトラブルも起きず、コミュニケーションやスキンシップも不要で、ロボットならではの正確さもあるので導入を検討する企業が増えています。RPAを導入することによる企業の一番のメリットは、業務効率化による生産性の向上です。数人がかりで行っていた仕事も、RPAだと1台でこなせます。また、個人従業員の偏見と独断によるコンプライアンス違反も防げ、従業員が業務から解放されるため、新たな革新技術の創出を構築することもできます。

RPAツールが得意なこととできないことと

こちらでは、具体的にRPAのツールがどのように導入されているかを紹介していきます。•会計システム面でいえば請求書データの処理業務や売り上げで円票の管理、過去データを分析することで今後の流れを予測した受発注業務、アンケート用紙のデータ入力作業や集計作業、従業員の勤怠管理、雇用形態における派遣とアルバイトのスタッフ管理、問い合わせフォームに対する自動応答と自動処理、•顧客情報の管理分析や集客を見込める客のリスト化と購買意欲をそそる宣伝の自動作成をRPAに任せることができるので、主に事務作業の効率化が期待できます。このように、現場の生産性を高めてくれるRPAですがライン業務に携わるロボットとは異なり、ロボットアームなどのハードウェアを持ち合わせていないので、物を運んだり、組み立てるといった作業を行うことはできません。