神奈川で車を板金する方法をご紹介

車の修理でする板金作業は決して高くない

車は傷やへこみで修理を余儀なくされることが少なくありませんが、その中でも板金はとても複雑で難しい作業です。どうしても工賃が高めに感じられやすいのですが、その工程の難しさを知れば、決して高くはないことを理解できるでしょう。車はとても優れた機械であり、多くの画一化されたパーツで構成されています。ある程度は組み合わせるだけで製品化できるまでに設計されていることは事実ですが、変形してしまったボディをもとの形状に戻すという作業には決められた手順や方法はありません。そこに必要なのは、実際に作業をおこなうプロの経験と技術です。同じような傷やへこみでも、作業者によって仕上がりに大きな差が出てしまうのも事実ですので、依頼するなら神奈川で腕のよい、実績あるプロを選ぶことが非常に大切になってきます。そうしたプロの仕事には相応の費用がかかりますが、それでも高度な技術力や経験を買うと考えれば決して高くはない金額です。それだけ難しい作業だということを理解したうえで、業者を選択することが大切です。

基本的にパーツやパネルを交換せずに修復する技術

壊れてしまったパーツは交換するというのが一般的な考え方ですが、車が傷ついてへこみがついたりしたときに修理する場合、基本的にパーツやパネルを交換せずに直すのが板金です。損傷箇所をどのように元通りにするかは腕次第ですが、実際の作業では専用ツールで裏から叩いて形を整えたり、外板パネルを表から引っ張ったりして元の形に整えます。もし大きく歪んでしまったような場合は、フレーム修正機などで修理することもありますが、よほど損傷が激しい場合でなければパネル交換やパーツ交換は避けます。つまりツールは使うものの基本的には職人の腕1本で修復する高い技術であり、もとのボディに戻すためにきめ細やかで複雑な作業をおこなうことになるのが一般的です。神奈川にもこうした技術者は数多く存在しますが、きちんとした技術を持つ職人であれば相応の修理費用となります。ただしどのような方法で直すかに関しては、同じ車であっても同じような傷やへこみであっても、施工店舗や見積もりする人の判断で変わりますので、工程数が変わることは否めません。

神奈川で適切に車を直す方法とは

基本的に、交換パーツや脱着が必要な点数が多くなればなるほどかかる費用は高額となります。神奈川でなるべくリーズナブルに適切な修理をしたいなら、高い技術と工法、実績ある職人を多く抱えている店舗に相談するのがよいでしょう。また、どのような修理に適しているかを自分でも理解しておくことが大切です。例えば板金に適しているのは、浅いひっかき傷などがついた場合やこすり傷がついた場合などです。車は縁石やガードレールなどに接触するだけでなく、砂や小石が飛んできて細かい傷がつく場合が少なくありません。特にこすり傷は広範囲で深いため、錆びつく前に修理が必要です。へこみ傷は塗料も剥がれてしまうので、塗装もしっかりおこないましょう。