葬式に出られない場合に弔電を送れる電報サービス

遠方に住んでいる場合や出張などの所用により、通夜や葬式に出席できないことがあります。出席できなくても故人に惜別の気持ちを表したいとか、遺族をねぎらいたいという気持ちがある方もいるでしょう。個人的なお付き合いでなくともビジネス上の付き合いのある取引先の代表者や担当者、家族が亡くなられた場合に、お見舞いやお悔やみを伝えたい場合も弔電を送ることがあります。同様に弔電を送ってメッセージを伝えることができます。電報を扱う会社では電話やファクス、インターネットを使って手続きができます。会員登録をすれば、宛先の管理だけでなく、担当部署や担当社員別に記録できます。ビジネス上の付き合いが多い法人や経営者でも利用しやすいでしょう。祝い事と違って弔事は突発的な物ですので、早く作成でき送付までに時間がかからないようなサービスを選ぶのがポイントです。通夜や葬儀の日程が迫っている場合は、配達時間が間に合わないケースもありますので、十分に注意する必要があります。

電話やファクスで申し込みをするメリット

通信回線を提供している会社では、電話やファクスで電報の申し込みができる場合があります。文例が多く用意されているため、相手先に失礼のないメッセージを作成することが可能です。特に仕事上のお付き合いの方に送付する場合に好まれています。電話の場合は、オペレーターに相談しながら手続きを進められるので、慣れていない方にもおすすめです。ただし、受付できる時間が決まっていますので時間を厳守するように気をつけます。ファクスの場合は、メッセージの控えを書面で保存したい方に向いています。推敲しながら文章を作りたい方にもメッセージを考えやすいでしょう。基本的に24時間受信可能ですが、担当者が受付できる時間に限りがあります。受付通知を受信したという返信があっても、既に当日の受付時間を過ぎている場合は翌営業日以降の受付となります。時間の確認はしっかりと行いましょう。

インターネットで申し込みをするには

インターネットで申し込みをする場合は、24時間好きな時に送付手続きができます。通信回線会社以外に電報を専門に受け付ける業者もインターネットでの受付をしていることが多いです。文例集も多数用意されていますが、料金を比較して電話やファクスで依頼するよりもメッセージの文字数を比較的多く入力できる場合があります。業者の中には、定額制のサービスを設定している場合があり300文字から400文字程度のメッセージを送れる場合があります。親しくお付き合いしていた故人や遺族に弔電を送るのに向いているでしょう。オプションサービスではありますが、インターネットからメッセージの原稿を送る際にイラストやロゴマークなどを入稿できるサービスをしている会社もあります。法人で取引先に送る場合にも適しているでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加