慶事にも喜ばれやすいぬいぐるみの電報の魅力

結婚式へ参加するための招待状を貰った場合、出来れば新たな門出を祝う慶事でもあるため、参加することが望ましいですが、遠方や仕事などの諸事情で参加できないケースもあります。その場合には電報を送ることがありますが、文面が書かれた色紙の他にぬいぐるみを贈呈すると新郎・新婦に喜ばれることが多いです。各社も様々な可愛らしいタイプを用意しており、なかには社会的にも知名度を持つキャラクターをモチーフにした物も存在しております。しかも祝言の書かれた色紙と一緒に贈れるような仕組みになっているため、貰った方にも大変、喜ばれることも多いです。贈る場合の選択のポイントとしては、持ち帰ることができる手頃なサイズが必要不可欠である点、他にも価格もそれほど高額にならない点もポイントとなります。

長い期間も飾っておけるのに最適な贈り物

結婚式は一生の宝物になる思い出の出来事であるため、それを思い返すことができる品物が良いです。そのため電報にぬいぐるみを付けて贈ることは記念品としても残るため、大変喜ばれるとして人気があります。祝電を披露する段階で読み上げられるのと同時に、その記念品を参加者一堂に見せることができて歓声をあげての拍手が鳴り響くこともあるでしょう。もちろん、家に帰ってからもそれを部屋に飾っておけば、部屋の空間を和やかな雰囲気にすることにも繋がります。従って近年は、確実に参加できない招待客が祝電を贈る上で活用されることも増えています。また長い期間飾って置ける点でも優れ、辛いことや楽しいこと、悲しいことやうれしいことが遭っても、いつでもそれを見つめなおすことで頑張れることも多いです。

選択のコツと贈り方の流れについて

電報でぬいぐるみを付けて贈呈する場合は、新郎や新婦がどういったキャラクターが好きかの情報をキャッチすることから始めます。本人から直接聞いても良いし、その友人から伝え聞く形でも良いです。そして情報をキャッチしたら、そのキャラクターを扱っている会社を探して予算を決めて、良さそうな物を選んでいきます。持ち運びしやすいサイズか可愛らしいか、綺麗かなどがカギを握り、他にも祝電を載せる台紙とマッチングするかも見ていくと良いです。後は祝言の文面を用意し、結婚式会場の場所と日にち、結婚式の開始時刻を入力し、贈ってもらう日にちを指定してして、そのまま決済処理を行えば自動的に会場に届けてくれる仕組みになっています。予算の相場も1万円を切る値段が多く、一番多いのが3,000円から5,000円前後の費用が標準的な相場です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加