いざというときに!電報の送り方と文例について

始まりは1869年になります。最初は横浜と東京間のみで、電話が普及していなかった時代には遠くの人に早く伝える手段として重要な手段でした。送る文字もカタカナで限られており最低限の言葉しか送ることができませんでした。しかし、現在ではメールやSNSなど本人に伝える手段がたくさんあります。ではなぜ今でも使われているのでしょうか?電報が送られることは人生で何度もあることではありません。それ自体が貴重な経験であり、最大のメリットになります。送ることで出席できなかった人の思いが出席している全員の前で読まれることによって形の残るメッセージになります。もし、どうしても冠婚葬祭で出席できないとなったとき、特別な存在のもので送ることは送る側にとっても送られる側にとっても特別なメッセージになるのではないでしょうか。

送るときに必要な情報と手段について

電報を送る手段には電話とインターネットの2種類あります。電話では「115」に電話すると送ることができます。インターネットでは様々なサイトでも送ることができます。 気なるのは、送るときには必要なものです。まず必要なのは、送付先です。会場の住所を調べておきましょう。それから受取人の名前も必要になります。会場の名称、結婚式の場合は新郎新婦どちらかの名前を確認しておきましょう。新婦に宛てる場合は、旧姓で送るようにします。お悔やみの場合には喪主の人の名前になります。また届ける日の指定も必要です。 以上が必要な情報ですが多くの方が迷うのは、文面です。文例がいくつか準備されていますのでその中から選ぶのが便利でしょう。電話の場合には、先にインターネットで調べれば定型文を見ることができるので先に確認しておくとスムーズです。あとは、台紙を選べば後はお任せです。

いろいろな種類を利用してみましょう

送るだけでも特別を演出することができますが、それにプラスすることで更に特別感と送る相手に対しての気持ちを伝えることができます。しかし、それには料金も追加になりますので注意が必要です。種類としては、押し花が施されているもの、音楽が流れるもの、刺繍が施されているもの、人気のキャラクターのぬいぐるみが一緒についてくるもの、花束やバルーンフラワーが一緒になっているものがあります。それぞれの種類によって500円から10000円程度料金を追加することによって利用することができます。結婚式などはバルーンフラワーなどを利用することで気持ちを伝えるだけでなく、式場の華やかさも出すことができるのでおススメです。お悔やみの場合には、お花を選ぶとお供え花になりますのでおススメされます。その場に合わせて、送る相手が喜ぶようなものを送ることがよいでしょう。様々な種類があって選ぶのが大変と思うかもしれませんが、電話であればサポートしてくれますので安心です。直接伝えることができない気持ちを電報を利用し、少しでも送る人の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加